13VIB/CathyMersey

キャシーマージー

悪い予感の欠片もないさ。

NEWブレードシステム「カシマシステム」
 羽が沢山あって姦しい(かしましい)ということで「カシマシステム」と名付けられたブレードシステムですが、ご覧の通り中々に斬新なシステムを採用しています。
中々喰わないマイクロベイトパターンをどうにか攻略してやろうと釣りをしている時にできたのがこのカシマシステムで、キモはアラバマ的な感じで複数ベイトのイミテートな部分なのですが、今まで喰い切らなかった魚がカナリ釣れています。
 と、その前に。あまり認識されていないのですが、そもそもメタルマルがよく釣れる1つの答えは複数ベイトの演出にあります。「なんでメタルマルってあんなに釣れるの?」と聞かれた時に、ボディとブレードによる複数ベイトの話をすると驚かれたりするのですが、あまりそういうことを意識する方は多くないのかもしれません。
 小魚の群れがフィッシュイーターに狙われた場合、散り散りにならないように固まろうとします。ロックオンされても群れの中に隠れてしまえば捕食者はロックオンされないようにターゲットを強引にスイッチ(入替)させています。目まぐるしくスイッチすることで狙いを絞らせない(捕食に至らせず、諦めさせる)のが弱者の生き延びる知恵です。
 そのため捕食者は群れを襲い、群れの規模を小さくしたり、散り散りになるようにプレッシャーをかけたりと様々な工夫をします。ロックオンしやすくするために。
 スピナーベイトがバスでよく使われるのも、アラバマリグが脚光を浴びたのも少数のベイト群を演出している点です。その効果はご存知とは思いますが、、狙いやすい少数の群れは個体や団体に捕食スイッチを入れやすいのです。
 
そのミニマム版がこの「カシマシステム」です。(意匠登録済
 
【マイクロベイトパターン】
 マイクロベイトパターンでルアーがスルーされる理由の1つはサイズ感です。マイクロベイトが多いと単体の大きなベイトを追わない(あまり意識しない)傾向が強くなります。このマイクロブレードシステムはフックに小さいブレードを複数装着することでマイクロベイトパターンに対応しやすくしています。昨今人気なタングステン素材でルアーのフォルム自体を小さくするのも攻略方法の1つですが、ブリーデンが提案するのはこの新しいアプローチというわけです。
 

13VIB/CatheyMersey

(ビーバイブ/キャシーマージー)
※意匠登録済

 

13VIB/CatheyMersey20

20g 57mm ¥1,320(税込)
 
※2021年5月出荷開始予定

13VIB/CatheyMersey40

40g 74mm ¥1,320(税込)
 
※2021年5月出荷開始予定

COLOR CHART

01 レッドゴールド

02 ブルーシルバー

03 グリーンゴールド

04 パープルシルバー

05 レッドヘッド

06 コンスタンギーゴ

07 金アジ

08 コノシロ